子供 虫歯 フッ素

虫歯予防にフッ素が効果的?

歯磨き粉を変えるだけで、虫歯の悩みから解放!

60日間の返金保障があるので安心です。

 

公式サイトへは以下の画像をクリック!



虫歯予防にフッ素が効果的?

虫歯予防にフッ素がいいって聞いたことがあると思います。

 

日本国内の一部の地域では子供の虫歯予防と対策にと、現在でもそうなのかはわかりませんが、試験的に水道水にフッ素を入れたところもあると聞いています。

 

歯磨き粉にも普通によく使われていますし、歯医者さんで勧められることもあるぐらい、フッ素は身近に浸透してるんじゃないでしょうか。

 

 

で、実際のところ、

 

フッ素は本当に虫歯予防に効果があるのか?

 

 

 

その答えは、んー、ですね。

 

んーーー、うーーー、ですよ。

 

 

 

調べれば調べるほど、疑問。

 

 

 

最近では歯科医院でもフッ素塗布してくれるんですが、何のためかというと、フッ素を塗ることで歯を強くするんだそうです。

 

歯を強くすることで虫歯菌の攻撃から歯を守るという、間接的な対策なわけですね。

 

 

 

そもそも虫歯菌の攻撃、って言ってるぐらいですから、虫歯の原因は虫歯菌なわけで、やはり根本的な虫歯予防・虫歯対策をするなら虫歯菌を直接除去するのがベストです。 

 

虫歯菌除去用成分配合の子供用歯磨き粉『ブリアン』の効果

フッ素は摂りすぎると有害

さて、その効果が疑問であると述べたフッ素なんですが、なぜ疑問かというと、実は摂りすぎると体に悪い物質なんだそうです。

 

WHO(世界保健機構)などはフッ素を世界的に広める運動を展開しているそうですが、今でも歯科医師や科学者の間ではフッ素推進派と反対派に分かれるそうです。

 

そしてフッ素が摂取しすぎると毒であるということは、反対派のみならず推進派も認めているということ。

 

毒性があるということ前提で、少量だと虫歯予防にいいとか、いやいや体に悪いからダメだとか論じられているわけです。

 

これって怖くないですか?

 

もう子供の虫歯予防どころの話ではありません。

フッ素の背景にある恐ろしい歴史

そもそもフッ素というのは、その歴史を辿ると、恐ろしい事実が浮かび上がってきます。

 

なんと初めてフッ素を水道水に入れて使ったのがナチス。

 

強制収容所からユダヤ人が脱走しないようにとフッ素入りの水を飲ませ、その意思をくじくことが目的だったとか。

 

 

その他子供たちにフッ素を与えることで多動性障害、記憶障害、知能障害が認められたという報告もあがっているようです。

 

 

さてこれらが真実なのか、それともただの噂でフッ素は有害ではないのか?

 

 

それは私には判断できませんが、

 

虫歯の予防と対策をするならやはり、フッ素塗布ではなく虫歯菌の除去だと思います。 

 

大切な赤ちゃん、子供のための虫歯予防ですから、根本的な正しい対策をしたいものです。

 

虫歯菌除去用成分配合の子供用歯磨き粉『ブリアン』の効果

関連ページ

子供虫歯の予防に祖父母の箸を警戒するよりも
子供の虫歯予防に頑張っているお母さんが、祖父母が使った箸で子供にご飯をあげることに怒りを覚えるという話をよく耳にしますが、根本的な解決方法は別にあります。
虫歯になる添い乳とならない添い乳
知っておけば、添い乳をやめる必要も断乳の必要もなし。虫歯になつ添い乳とならない添い乳、その違いは?