添い乳 虫歯

虫歯になる添い乳とならない添い乳

歯磨き粉を変えるだけで、虫歯の悩みから解放!

60日間の返金保障があるので安心です。

 

公式サイトへは以下の画像をクリック!



虫歯になる添い乳とならない添い乳

添い乳授乳しながらの寝かしつけが、赤ちゃんや子供の虫歯の原因になるとかならないとか色々な意見が飛び交っています。

 

実際のところ、子供の虫歯の原因はミュータンス菌という虫歯菌。

 

決して母乳が原因ではないのですが、添い乳で寝かしつけることでそのリスクが高まることは事実です。

 

 

 

しかし、このリスクはコントロールすることができます。

 

つまり、虫歯になりやすい添い乳と、なりにくい添い乳があります。

 

 

 

では虫歯になりやすい添い乳って、どんな添い乳でしょうか。

虫歯になりやすい添い乳とは

母乳やミルクしか飲んでいない月齢の頃はあまり心配する必要はありません。

 

生後5ヶ月?6ヶ月ぐらいになり離乳食を食べ始めてからは気をつけてください。

 

1歳を過ぎて離乳食が進んだら要注意です。

 

 

食事やおやつなどを食べた後、ジュースを飲んだ後など、きちんと歯磨きをせずに添い乳で寝かしつけると虫歯になりやすいです。

 

というのも赤ちゃんや子供に限らず、人間は寝ているとき、自浄作用のある唾液の分泌が少なくなります。

 

さらに添い乳したまま眠ると口が開いて口の中が乾燥しがちになるので、より虫歯菌が増殖しやすい環境になってしまいます。

 

そこで歯に残った歯垢や糖分とミュータンス菌が結びつき、虫歯ができるというわけです。

 

虫歯になりにくい添い乳とは

ではこれを防ぐにはどうすればいいか?

 

 

すごく当然のことなんですが、添い乳する前にきちんと歯を磨いてあげることが大切です。

 

それだけで虫歯になる確率はぐっと下がるんですが、忙しい毎日の中、これを実行するのは結構難しいんですよね。

 

ただ、もし歯磨きをするタイミングを逃してしまったとしても、添い乳をするときに乳歯をガーゼで拭いてあげることで虫歯予防の効果があります。

 

 

添い乳をやめる必要も、無理に断乳する必要もありません。

 

 

その際、虫歯菌除去成分を配合した歯磨き粉を使ってあげるとすごくいいみたいです。

 

きちんと歯磨きできなくても、口に入れてあげるだけでも効果があるということなので、便利ですし、お母さんの負担も大分軽くなると思います。

 

虫歯菌除去用成分配合の子供用歯磨き粉『ブリアン』の効果

 
 

関連ページ

子供虫歯の予防に祖父母の箸を警戒するよりも
子供の虫歯予防に頑張っているお母さんが、祖父母が使った箸で子供にご飯をあげることに怒りを覚えるという話をよく耳にしますが、根本的な解決方法は別にあります。
虫歯予防にフッ素が効果的?
子供の虫歯予防にフッ素が効果的と歯科医院でも勧められたり歯磨き粉にも入っていたりと一般的になっていますが、それは本当に虫歯にいいのか?